「パパニティブルー」とは?男性でもある産前・産後うつって一体?

皆さんは、「パパニティブルー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?なにそれ、マタニティブルーの間違いじゃないの?と思ってしまうほど、浸透していない言葉なのですが、パパの産前・産後うつというものが存在するのです。

自分の旦那が、そんなうつ病を発症してしまったらどうしようと不安になりますよね。一体、どんなことが原因で男性はパパニティブルーに陥ってしまうのでしょうか?

今回は、男性がパパニティブルーになる原因や、パパニティブルーになりかけている前兆、その対策方法などをご紹介していきます。うつ病は放置すると怖いものですので、しっかりとケアをしていきましょう!

男性のうつ?パパニティブルーとは?

男性にもあるという産前・産後のうつ病「パパニティブルー」

出産をしないはずの男性なのになぜ?と思うママもいるかもしれません。パパニティブルーは、子供が生まれることへのプレッシャーや、一家を支える大黒柱として責任が果たせるかどうか、思いや悩んでしまい、発症することがあるのだといいます。

その特徴として、多く見られるのが

・突然、漠然とした不安に襲われる

・訳もなくイライラしてしまう

・食欲が減退する

・今まで好きだった趣味に打ち込めなくなった

など、一般的なうつ病と同じような症状が出てしまいます。

しかし、これだけの症状だと、ただ怠けているだけのようにも思えてしまい、パパニティブルーと気付けるママは少ないかもしれません。本格的なうつ病に移行してしまう前に、対策方法はあるのでしょうか?

下記でご紹介していきます。

パパニティーブルの対策方法

産後の女性は、ホルモンバランスの影響でナイーブになりがちです。そこでパパがしっかりとサポートをしてあげられたらいいのですが、肝心のパパがパパニティブルーを発症してしまっては元も子もありません。

パパニティブルーを防ぐ最善の方法として、育児に対してママの妊娠中から積極的になるということが大事だというのです。女性は妊娠に気が付いた時から、中身も身体も母になっていきます。一方の男性は、身体に大きな変化が起きないため、なかなかパパへのステップアップが難しい所があります。

そこで、ママが赤ちゃんに付きっきりになる前の妊娠中に、一緒に両親学級などに参加したり、父子手帳を貰って「父親になる」という自覚をしっかりと持つことが、絆を深め、パパニティブルーになりにくくなる方法なのです!

つわりで具合が悪かったり、お腹が大きくなるにつれて苦しくなることもありますが、パパと一緒に子育てをしていくという気持ちを大切に、パパにも積極的に育児を楽しんでもらいましょう。

パパも頑張りすぎないで!

今回はパパニティブルーについて、その症状や原因、対策方法をまとめてみました。

ママとパパが一丸となって、絆を深めるということがパパニティブルーを防ぐのに大事だということが分かりました。どうしてもしんどい時は、周囲の協力も得ながら、仲良く育児をしていけたらいいですね。

仕事もあって大変な毎日ですが、パパは頑張りすぎず、肩の荷を下ろして、とにかく楽しむという姿勢で育児に参加していきましょう。

 

関連記事

  1. 習い事 赤ちゃん 0歳 群馬 おすすめ 幼児教室 月謝

    習い事を始めたい!乳幼児の習い事の相場や体験談

  2. 群馬 ママ パパ おすすめ お出かけ 子育て 母 子 親子 子供

    群馬でラン活!ランドセル選びのポイントとおすすめのお店をご紹介

  3. みんなどうしてる?上の子の赤ちゃん返り~体験談~

  4. 夫婦で家事シェア!オススメの方法と工夫をご紹介

  5. 【軽井沢おもちゃ大国】遊び・宿泊施設も充実

  6. 藤岡 群馬 みかん狩り おすすめ 子供

    【藤岡みかん狩り】家族でみかん狩り体験

  7. 《街プロ》膳城址公園

  8. 【星の降る森】まるでプラネタリウム!大自然のキャンプリゾート

  9. クリスマスを最高に楽しい思い出に!子供とお家でできるおすすめの過ごし方紹介♪

  10. ママパパにおすすめの群馬の市町村はどこ?

  11. 図書館司書が教える【3歳児】におすすめの絵本をご紹介

  12. じょぶカフェぐんま じょぶかふぇ群馬 女性 仕事 ママ パパ 

    子育てしながらお仕事相談!群馬県ジョブカフェマザーズをご紹介

  13. これが令和の働き方!?子連れ出勤のメリット

  14. 群馬 パパママ おすすめ 本

    子育てを頑張るママ・パパへ!息抜きに読んでほしいクスッと笑えて泣ける本の紹介!

  15. 材料は全て100円ショップでGET!イースターエッグをつくってみよう!

フォローお願いします!