1歳への読み聞かせに【おすすめの絵本をご紹介】

1歳になると、歩けるようになったり、離乳食から幼児食が食べられるようになったり、出来ることがどんどん増えてきますね。生活リズムも整って、夜にまとめて寝てくれるようになります。少しずつ言葉も覚え始め、ママやパパの話の多くを理解できます。

今回は、そんな1歳におすすめの絵本をご紹介!子どもがたくさんの言葉を学べるように、様々なジャンルの絵本を読んであげましょう。絵本選びの参考にしてみてくださいね。

1歳におすすめの絵本①「くだもの」平山和子

 

すいか、もも、ぶどう、なし……など日常でよく見るくだものが、まるで本物のようにみずみずしく描かれた、とても美味しそうな絵本。丸ごとのくだものが出てきて、次のページでカットされて「さあ どうそ」と差し出され……その繰り返しが続きます。

色々なものが食べられるようになり、くだものに興味が出て来た頃におすすめ。「さあ どうぞ」のセリフのところで食べさせる真似をすると、子どもも食べる真似をします。

おしゃべりを始めた子どもと、「いただきます」や「おいしいね」などオリジナルのセリフを入れて読むのも良いですね。

1歳におすすめの絵本②「どんどこ ももんちゃん」とよた かずひこ

 

「ももんちゃん あそぼう」シリーズの中の1冊です。裸におむつ一枚、ぷにっとしたほっぺのももんちゃん。ももんちゃんは「どんどこどんどこ」と、どこかに向かって急いでいます。

途中で大きなくまさんを投げ飛ばし、ころんで頭をぶつけても、ひたすら急ぐももんちゃん。最後はママにぎゅっと抱きついて、ママに会うために急いでいたのね、とほっこりした気持ちになります。

リズミカルな言葉と、大胆なストーリーが魅力的な作品です。

「おやすみなさい おつきさま」マーガレット・ワイズ・ブラウン

 

大きな「みどりのおへや」のベッドに、うさぎのぼうやが寝ています。側には、編み物をするうさぎのおばあさん。ぼうやは眠る前に、部屋の中のあらゆるものに「おやすみ」と声をかけていきます。

1947年にアメリカで発売され、世界中で読みつがれている絵本。ぼうやと一緒に色々なものに「おやすみ」と言っていると、読んでいる方もだんだんと眠くなっていきます。

絵本を読んだ後で、実際に家にあるものに挨拶して“入眠儀式”にすると楽しそうです。

絵本を読んで子どもの反応を楽しもう

0歳の時は絵本にあまり反応しなかった子も、1歳になると絵を指さしたり、面白い場面では笑ったりするようになります。読み聞かせに反応してくれると、ママパパも嬉しいですよね。

成長と共に変わっていく子どもの反応を楽しみながら、読み聞かせをしてあげてください。色々な絵本に触れ、好奇心が刺激されると、感情豊かな子どもに育っていくと思います。

絵本を通して親子のコミュニケーションをとっていきましょう。

関連記事

  1. シングルマザーに育てられた私が、今、伝えたいこと

  2. 【高崎・やすらぎの湯】乳幼児もOKキッズスペースもある日帰り温泉

  3. 安全でママも楽チン!おすすめ子ども公園コーデ

  4. 群馬 子育て

    群馬は子育てしやすい1位!家族に嬉しい群馬の魅力とは?

  5. 群馬 鉄道文化むら 家族 子連れ

    【碓氷峠鉄道文化むら】家族で楽しもう

  6. 初 育児 失敗 群馬

    初めての育児失敗体験!てんてこ舞いだった私

  7. 手に職!ママにおすすめの資格とは?

  8. 図書館司書が教える【5歳児】におすすめの絵本をご紹介

  9. [TOIRO育休インタビュー]県内初!?育児休暇制度を取り入れた株式会社GCCさん

  10. 赤城自然園 おすすめ ママ・パパ 子供 群馬 子連れ

    【赤城自然園】自然がいっぱい!夫婦デートにも

  11. 大崎つりぼり 群馬 子連れ おすすめ

    【赤城大崎つりぼり】デイキャンプもできる釣り堀り

  12. サンタ 群馬

    子供の「サンタさんに会いたい」と言われたら?!

  13. 群馬 子供 ママ・パパ ネット トラブル 子育て

    【ネットトラブル】Aki行政書士事務所インタビュー③Twitter編

  14. 子供がパパを嫌い?理由や対処法をご紹介!

  15. ママパパ おすすめ 本群馬

    頑張るママとパパに贈りたい!心が癒やされるとっておきの一冊

フォローお願いします!