図書館司書が教える【大人】におすすめの絵本をご紹介

絵本は子ども向けに書かれたもの、と思っていませんか?色々な経験を積んだ大人だからこそ楽しめたり、感動したりする絵本は沢山あります!

小説や漫画に比べて、少ない絵と言葉でつづられた絵本は、短い時間で読めるので忙しい大人にぴったり。子どもに読み聞かせをしながら、一緒に楽しむのも良いですね。

今回は元司書の私が、大人にぜひ読んで欲しいおすすめの絵本をご紹介します。

大人におすすめの絵本①「つみきのいえ」平田研也

世界中の映画祭で受賞した短編アニメーション「つみきのいえ」の絵本版。監督の加藤久仁生が絵を、脚本の平田研也が文を担当しています。

ほとんどの建物が水没した土地で、1人で暮らすおじいさん。ある日、おじいさんは道具を下の階に落としてしまい、潜って取りに行きます。水位があがる度に、上へ上へと積み上げてきた家には、おじいさんの思い出が詰まっていました。

家が水没する悲しいお話……ではなく、おじいさんが家族を大切に思い、幸せに暮らしていたことが伝わってきて、温かな気持ちになる絵本です。大人になるほど、自分の人生と重なって泣いてしまうかも。

大人におすすめの絵本②「あさになったので まどをあけますよ」荒井良二

世界中のあちこちで、子どもたちが窓を開けます。窓から見えるのは、いつもと変わらない風景……だからここが好き、と子どもたちは言います。

何気ない日々の繰り返しの中にこそ、生きる喜びがあることを教えてくれます。文章は短く、ゆっくりと絵を鑑賞する作品です。

まぶしいほど明るい荒井さんの絵を見ていると、沈んでいた気持ちも癒されます。いつもと同じ朝が来るだけで幸せ、なんですね。

大人におすすめの絵本③「もしもせかいがたべものでできていたら」カール・ワーナー

 

もしも世界がすべて黄色だったら……など、色をテーマに作られた世界の写真絵本。建物も植物もすべて本物の食材でできていて、その美しさにうっとりしてしまいます。ぜひ、お気に入りの世界を見つけてください。

最後に各ページで使われていた食材の一覧が載っていますが、日本では馴染みのないものもあり興味深いです。作者は、ロンドンを拠点に広告業界で活躍している写真家。使用した食材は、スタッフで食べるのがルールだそうですよ。

絵本を読んでリラックス

大人におすすめの絵本をご紹介しました。普段は仕事や家事で忙しい人も、たまには1人でゆっくり絵本を読んでみませんか?美しい絵や言葉で、きっとリラックスできます!

今回は近年に発売されたものを紹介しましたが、子どもの頃に読んだ絵本をもう一度読んでみるのもおすすめです。子どもの時とは違った視点で読むことで、新しい魅力を発見できると思いますよ。

関連記事

  1. 群馬の働くママパパに!困ったときには、病児保育を利用してみよう

  2. 群馬でマイホームが欲しい!購入の段取りは?

  3. [全2回]NPO法人Mam’s Styleインタビュー第1回

  4. 群馬 ママ パパ おすすめ お出かけ 子育て 母 子 親子 子供

    群馬も義務化!自転車保険入っている?

  5. 子供 アプリ スマホ おすすめ 群馬 与え

    【ママを悩ますスマホ】乳幼児も安心おすすめアプリをご紹介

  6. 群馬 アンカンミンカン インタビュー 子育て パパ おすすめ

    【パパへのインタビュー】アンカンミンカン富所さんの子育て②

  7. シングルマザーに育てられた私が、今、伝えたいこと

  8. 水上高原スキー 水上 スキー場 子供 おすすめ 群馬

    【水上高原スキーリゾート】アクティビティがいっぱいの家族におすすめスキー場

  9. 我が家の病気体験談!インフルエンザと突発性発疹

  10. 防犯 防災リュック 子供 群馬

    震災は他人事じゃない!?〜子供と一緒に防災リュックを用意しよう!〜

  11. [TOIRO育休インタビュー]全2回:野澤さんご夫婦①パパ編

  12. 【群馬ファミリーサポート】急用や仕事で子供を預けたい時に

  13. 購入するならマンション?一戸建て?メリット・デメリットをご紹介

  14. 子供 病院 医療費無料 群馬 15歳まで

    群馬は【15歳まで】医療費無料!これってすごい!?

  15. 期間限定!!ぐんまのふるさと納税のオススメ返礼品3選

フォローお願いします!