図書館司書が教える【大人】におすすめの絵本をご紹介

絵本は子ども向けに書かれたもの、と思っていませんか?色々な経験を積んだ大人だからこそ楽しめたり、感動したりする絵本は沢山あります!

小説や漫画に比べて、少ない絵と言葉でつづられた絵本は、短い時間で読めるので忙しい大人にぴったり。子どもに読み聞かせをしながら、一緒に楽しむのも良いですね。

今回は元司書の私が、大人にぜひ読んで欲しいおすすめの絵本をご紹介します。

大人におすすめの絵本①「つみきのいえ」平田研也

世界中の映画祭で受賞した短編アニメーション「つみきのいえ」の絵本版。監督の加藤久仁生が絵を、脚本の平田研也が文を担当しています。

ほとんどの建物が水没した土地で、1人で暮らすおじいさん。ある日、おじいさんは道具を下の階に落としてしまい、潜って取りに行きます。水位があがる度に、上へ上へと積み上げてきた家には、おじいさんの思い出が詰まっていました。

家が水没する悲しいお話……ではなく、おじいさんが家族を大切に思い、幸せに暮らしていたことが伝わってきて、温かな気持ちになる絵本です。大人になるほど、自分の人生と重なって泣いてしまうかも。

大人におすすめの絵本②「あさになったので まどをあけますよ」荒井良二

世界中のあちこちで、子どもたちが窓を開けます。窓から見えるのは、いつもと変わらない風景……だからここが好き、と子どもたちは言います。

何気ない日々の繰り返しの中にこそ、生きる喜びがあることを教えてくれます。文章は短く、ゆっくりと絵を鑑賞する作品です。

まぶしいほど明るい荒井さんの絵を見ていると、沈んでいた気持ちも癒されます。いつもと同じ朝が来るだけで幸せ、なんですね。

大人におすすめの絵本③「もしもせかいがたべものでできていたら」カール・ワーナー

 

もしも世界がすべて黄色だったら……など、色をテーマに作られた世界の写真絵本。建物も植物もすべて本物の食材でできていて、その美しさにうっとりしてしまいます。ぜひ、お気に入りの世界を見つけてください。

最後に各ページで使われていた食材の一覧が載っていますが、日本では馴染みのないものもあり興味深いです。作者は、ロンドンを拠点に広告業界で活躍している写真家。使用した食材は、スタッフで食べるのがルールだそうですよ。

絵本を読んでリラックス

大人におすすめの絵本をご紹介しました。普段は仕事や家事で忙しい人も、たまには1人でゆっくり絵本を読んでみませんか?美しい絵や言葉で、きっとリラックスできます!

今回は近年に発売されたものを紹介しましたが、子どもの頃に読んだ絵本をもう一度読んでみるのもおすすめです。子どもの時とは違った視点で読むことで、新しい魅力を発見できると思いますよ。

関連記事

  1. 群馬 ママ パパ おすすめ お出かけ 子育て 母 子 親子 子供

    群馬も義務化!自転車保険入っている?

  2. 毎日のご飯作りを楽に!見た目は手抜き感なし!私の工夫方法

  3. 【入園式・入学式】ママのおすすめコーディネートをご紹介!

  4. 可愛い我が子の写真、たまりすぎたらどうする?

  5. 夫婦で貯める!子供のための貯金はどうする?

  6. 子供が保育園・幼稚園に行ってる間、ママは何する?

  7. 家事シェア 夫婦

    パパも一緒に家事シェア!コツはタイムゾーンで分けること

  8. 手に職!ママにおすすめの資格とは?

  9. 群馬 ママ おすすめ ワーママ 育児

    これがあって助かった!私の一押し、おすすめ育児グッズのご紹介!

  10. 育児中のママとパパを救う「自分に自信が持てるおすすめの本」をご紹介

  11. 大変なだけじゃない!ワーキングマザーのメリット・おすすめの理由

  12. 働く?専業?ママの仕事はどうするべき?

  13. 群馬 パパママ おすすめ 本

    子育てを頑張るママ・パパへ!息抜きに読んでほしいクスッと笑えて泣ける本の紹介!

  14. 女性だけじゃない!?男性でも注意が必要なパパの産後うつって一体?

  15. 【夫婦円満】夫婦が仲良くいるためにできること

フォローお願いします!