図書館司書が教える【3歳児】におすすめの絵本をご紹介

3歳になると、一気に“赤ちゃん”から“お兄ちゃん・お姉ちゃん”ぽくなっていきます。実際に弟や妹が産まれたり、保育園や幼稚園に通い始める子も多いですね。

周りの人間関係が変わり、少しずつ人の気持ちも想像できるようになります。色々なことに興味を持ち、「なんで?」「どうして?」という質問が増えるのも3歳ころ。

知識欲が高まって、いよいよ絵本の世界にどっぷりハマれる年齢です!そこで今回は、元司書の私が3歳児におすすめの絵本をご紹介します。

3歳におすすめの絵本①「どうぞのいす」香山美子

うさぎさんが小さな椅子を作り、木の下に「どうぞのいす」という立て札と一緒に置いておきました。すると、ろばさんがやってきて、どんぐりの入ったかごを椅子の上に置いて、離れた場所で寝てしまいます。

そこに、くまさんがやってきて、「どうぞ」ならば…とどんぐりを全部食べてしまいました。そして後から来る人のために、代わりにハチミツを置いていきます。次に、きつねさん、りすさんが通りがかって…?

動物達の思いやりの連鎖で、椅子の上のものが次々に変化していきます。可愛い絵と、優しい語り口で温かな気持ちになれる本です。最後にようやく目を覚ましたろばさんのセリフに、子ども達は大笑い!

3歳におすすめの絵本②「たまごにいちゃん」あきやま ただし

たまごの殻をかぶっている「たまごにいちゃん」。弟のひよこは、もうお兄ちゃんより大きくなっていますが、「たまごにいちゃん」は平気です。たまごなら、ずっとお母さんに温めてもらえるから!

ところが、あるハプニングで大切な殻にヒビがはいってしまいます。このままでは本当のお兄ちゃんになっちゃう、と不安になる「たまごにいちゃん」ですが…?

いつまでも赤ちゃんでいたい、という子どもの気持ちに寄り添う絵本。でも、成長するってかっこいいよ、というメッセージも込められています。シリーズがたくさんあるので、他のお話もぜひ読んでみてください。

3歳におすすめの絵本③「ラチとらいおん」マレーク・ベロニカ

ラチは、とても弱虫な男の子。犬も、暗い部屋も、友達でさえ怖がります。

ある日、ポケットに入るほど小さなライオンと出会ったラチ。ライオンはラチを勇気づけ、ラチはだんだん強くなっていきます。いじめっ子を懲らしめるまでに成長したラチですが、気がつくとライオンが居なくなっていて…?

50年以上前、ハンガリーから来たロングセラーです。小さいけれど頼もしいライオンは、今も子ども達に大人気!きっと、誰もが臆病な気持ちを隠し持っているからですね。ライオンとお別れするラストは少し切なく、心に残る作品です。

家でも絵本の読み聞かせをしよう

3歳におすすめの絵本をご紹介しました。保育園や幼稚園に通うようになると、「先生が読み聞かせをしてくれるから、家では読まなくていいよね」という気持ちになる人もいるかもしれません。

でも子どもにとっては、園の先生に読んでもらう時と、ママやパパに読んでもらう時では、本の印象が全然違うのです。

「もう知っている話かも」や「先生みたいに上手く読めない」などと気にしなくて良いので、家でも読み聞かせの時間を作ってみてくださいね。

関連記事

  1. ぐんま天文台 群馬 お出掛け ママパパ

    【ぐんま天文台】日本で一番人気の天文台で星を観察

  2. esports eスポーツ 群馬 子供

    子供に人気の【eスポーツ】とは?職業として食べていけるの?

  3. 図書館司書が【親子で楽しめる漫画】をご紹介!

  4. 群馬 英語 子供

    子供の英語は自宅でもできる!家で楽しく英語学習のすすめ

  5. ボルダリング 習い事 群馬 おすすめ

    注目の習い事【ボルダリングの魅力】群馬の教室もご紹介

  6. 図書館司書が教える【2歳児】におすすめの絵本をご紹介

  7. 図書館司書が教える【5歳児】におすすめの絵本をご紹介

  8. 図書館司書が教える【4歳児】におすすめの絵本をご紹介

  9. 習い事 赤ちゃん 0歳 群馬 おすすめ 幼児教室 月謝

    習い事を始めたい!乳幼児の習い事の相場や体験談

  10. 1歳への読み聞かせに【おすすめの絵本をご紹介】

フォローお願いします!