図書館司書が教える【4歳児】におすすめの絵本をご紹介

4歳になると、すっかりおしゃべりが上手になり、急に大人っぽいことを言って周りを驚かせます。想像力がゆたかになって、自分で考えたお話を本当のことのように話す子もいますね。

ごっこ遊びに夢中になる子も多いです。思いやりや我慢ができるようになりますが、突然ぐずったり、甘えたり……まだまだ幼い部分もあります。

心も身体も大きく成長する4歳。元司書の私が、そんな4歳児におすすめの絵本をご紹介します。

4歳におすすめの絵本①「めっきらもっきらどおんどん」長谷川摂子

主人公のかんたは、遊ぶ友達がいなくて不機嫌です。やけになってめちゃくちゃな歌を歌うと、知らない世界に吸い込まれてしまいました!

そこに現れたのが、へんてこな3人組のおばけ。見た目は少し怖いけれど、無邪気で可愛いおばけ達に誘われて、かんたは色々な遊びを楽しみます。しかし3人が疲れて寝てしまうと、かんたは心細くなって……?

見開きいっぱいのダイナミックなイラストに目を奪われます。表紙は怖そうに見えますが、とてもワクワクするお話なので怖がりな子にもおすすめですよ。

4歳におすすめの絵本②「くれよんのくろくん」なかや みわ

クレヨンの仲間達が箱を飛び出して、画用紙に絵を描いていきます。黄色いちょうちょ、赤やピンクのお花……。でもくろくんは、絵を黒くされたくないからと、仲間はずれにされてしまいます。

そこにシャープペンのお兄さんがやってきて、くろくんに秘策を授けます。くろくんが絵を塗りつぶし、シャープペンのお兄さんがペン先で削っていくと……?

仲間はずれだったくろくんのおかげで、素敵な絵が完成するというハッピーエンド!お絵描きが好きな子はもちろん、そうでない子も黒いクレヨンを使ってみたくなるはず。「くれよんのくろくん」シリーズは他にも4冊あります。

4歳におすすめの絵本③「ねえ、どれがいい?」ジョン・バーニンガム

「ねえ、どれがいい?」の質問の後に、奇想天外な選択肢が並びます。ジャムだらけになるのと、水をかけられるのと、泥んこになるのと……?お城で食事か、気球で朝ごはんか、川でおやつ……?うーん、迷う!

子ども達は、こんなおかしな質問が大好き。真剣な顔であれこれ悩みます。イラストもとぼけた感じで面白く、大人も楽しくなっちゃいます。

30年以上前に出版された本ですが、2018年になって「またまた ねえ、どれがいい?」という続編が出ました。親子で一緒に笑って、会話が弾む絵本です。

絵本の読み聞かせで想像の世界を楽しもう

4歳におすすめの絵本をご紹介しました。4歳は、絵本の物語を実際にあった事のように感じ、現実と想像の世界を自由に行き来できる年ごろです。主人公に共感して、泣いたり笑ったりして成長できるお話に出会えると良いですね。

今回は紹介しませんでしたが、日本の昔話もおすすめです。昔話は出版社によって微妙に話の展開が違うので、まずは大人が手にとって、気に入ったものを選んでみてください。

関連記事

  1. 図書館司書が教える【3歳児】におすすめの絵本をご紹介

  2. 図書館司書が【親子で楽しめる漫画】をご紹介!

  3. 図書館司書が教える【2歳児】におすすめの絵本をご紹介

  4. esports eスポーツ 群馬 子供

    子供に人気の【eスポーツ】とは?職業として食べていけるの?

  5. 群馬 英語 子供

    子供の英語は自宅でもできる!家で楽しく英語学習のすすめ

  6. ぐんま天文台 群馬 お出掛け ママパパ

    【ぐんま天文台】日本で一番人気の天文台で星を観察

  7. ボルダリング 習い事 群馬 おすすめ

    注目の習い事【ボルダリングの魅力】群馬の教室もご紹介

  8. 1歳への読み聞かせに【おすすめの絵本をご紹介】

  9. 図書館司書が教える【5歳児】におすすめの絵本をご紹介

  10. 習い事 赤ちゃん 0歳 群馬 おすすめ 幼児教室 月謝

    習い事を始めたい!乳幼児の習い事の相場や体験談

フォローお願いします!