【離乳食コーディネーターがご紹介】離乳食初期の注意点・レシピ集!

初めての育児に慣れ始めたら、次に始まるのは離乳食!初めての離乳食だと何を気を付ければいいか、まだ悩む部分も多くありますよね。

そこで今回は、離乳食のコーディネーターの資格を持っている筆者が、離乳食初期に気を付けること・おすすめのレシピをご紹介します!

ぜひ、これから始まる離乳食作りの参考にしてみてください。

離乳食初期に気を付けるべきこと

まずは、気を付けるべきことです。

離乳食は平均して5カ月頃~始めるといいと書かれています。しかし、これはあくまでも目安なのでご自身のお子さんのペースで全く構わないと思います。

例えば

  • ママとパパが食事をしているところをみてよだれを垂らす
  • 食事に興味を示す
  • 歯が生えた
  • 腰がしっかりとすわった

などが、離乳食を始めていいサインなのです。初期は、1つの食材から始め、スプーン1杯から徐々に増やしていきましょう。

初めての食材を与える際は、子供の機嫌がいいときと、午前中に与えるように気を付けます。アレルギー反応が出てしまった場合にすぐに病院へ行けるようにするためです。

食材としては、アレルゲンの少ない米、ニンジン、大根、などのようなものから始めるのをおすすめします。小麦を含むうどんや、パンも与えて大丈夫ですが、小麦アレルギーというものもありますので、少量からスタートさせます。

細かくすりつぶすことが大事なので、すり鉢・すりこぎがあると便利です。また、氷を小分けに凍らせることができる容器(100円ショップなどでも売られています)で一週間分くらいのおかゆや、野菜を冷凍しておくとママはすごく楽ですよ。

離乳食初期のおすすめレシピ

初期は、ほとんど形も味もないものから始めるので、おすすめと言えるかは分かりませんが、レシピをご紹介します!

初期おすすめレシピ①バナナ豆腐

バナナと豆腐!?と味の組み合わせにびっくりするかもしれませんが、これが意外と大人が食べてみても美味しいんですよね。

両方とも、つぶしやすい柔らかい触感の食材ですので離乳食に向いていますし、バナナの甘さが赤ちゃんには嬉しい味わい!バナナの色と豆腐の食感が変わるので冷凍は出来ませんが、ぜひ一度作ってみてください。

ちなみに、イチゴでも代用できます!

初期おすすめレシピ②パンがゆ

小麦をスプーン1さじから与えて、アレルギーが起きていないことが確認できれば、パンがゆを作ってみることをおすすめします。

食パンをおかゆと同じような手順で、牛乳で煮込んでトロトロになればオーケーです!ママも楽に作れますし、お米とは違った風味が感じられて赤ちゃんも飽きずに離乳食を楽しむことができますね。

離乳食は焦らずゆっくりと始めましょう!

今回は、離乳食の初期の気を付けるべきことと、レシピをご紹介しました。赤ちゃんの準備が整ったら赤ちゃんとママのペースで、焦らずに楽しく離乳食を開始させましょう。

親子のコミュニケーションにもなりますし、美味しい顔を見られるのも親としてはうれしいですよね。レシピもぜひ、参考にしてみてください。

関連記事

  1. 【便利】子育てにもスマートスピーカーを活用してみよう!

  2. ママパパにおすすめの群馬の市町村はどこ?

  3. esports eスポーツ 群馬 子供

    子供に人気の【eスポーツ】とは?職業として食べていけるの?

  4. 子供 性教育 群馬

    子供の性教育は何歳からが正解?早すぎるのは問題あり?〜話すきっかけや内容について〜

  5. 産婦人科 選び方 産科 出産 群馬 病院

    産婦人科はどうやって選べばいい?私の産院体験談

  6. 子育てにおすすめ前橋市!メリットやおすすめポイント

  7. お家時間の過ごし方!【家キャンプ】のおすすめ

  8. 群馬 子供 ママ・パパ ネット トラブル 子育て

    【ネットトラブル】Aki行政書士事務所インタビュー③Twitter編

  9. 群馬 ママ パパ おすすめ お出かけ 子育て 母 子 親子 子供

    お家映画を楽しむ!プロジェクターがおすすめ

  10. 自宅にいる時間が増えたご家庭必見!おすすめの家遊び

  11. 子供の好き嫌いを乗り越えよう!我が家の対策をご紹介

  12. 学校や園に子供が「行きたくない」と言ったらどうする?

  13. 【入園式・入学式】ママのおすすめコーディネートをご紹介!

  14. 意外と知らない?公園で楽しく遊ぶための注意点・マナー

  15. ママ・パパにおすすめ育児本をご紹介~赤ちゃん・いやいや期~

フォローお願いします!