頑張るママとパパに贈りたい!心が癒やされるとっておきの一冊

ママパパ おすすめ 本群馬

子育て中のみなさんにとって、我が子はもちろん何よりも大切で可愛い存在ですよね。でも「毎日子育てが楽しくてしょうがない!」と感じている方は、もしかしたら少ないのではないのでしょうか。

我が子のためにと頑張り過ぎるあまり、楽しさ以上に不安を感じたり、思うようにいかなくて腹が立ったりすることもしばしば…。時には親として失格だと、自分を責めてしまう事もあるのではないのでしょうか?

今回は、子育てを頑張る全てのママパパの皆さんに、短時間でサクッと読めて心が癒やされる、そんな本をご紹介したいと思います。

パパママにおすすめの本「ママのおなかをえらんできたよ」 池川明 著

「胎内記憶」という言葉を、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?文字通り、「お母さんのおなかの中にいる時の記憶」のことを言います。著者である池上明さんは元産婦人科医で、この「胎内記憶」について長年にわたって研究をされています。

この本には、何千人という子供たちを対象にアンケートやインタビューをした調査をもとに、その中からピックアップされた十数名の子どもたちのエピソードが載せられています。インタビューの中でのやりとりがそのまま載せられているので、子どもたちの素直な言葉で語られる内容がとても可愛らしく、面白く、シンプルなのにものすごく深く感じられます。

なにより心に残るのは、この本のタイトルにもなっている、「ママのおなかをえらんできた」という子どもたちの言葉。「子どもは親を選べない」とは言ったものですが、実はそうではなくて、子どもたちはちゃんと自分の意思で親を選んで産まれてくるのだと、著者の池上さんも言っています。

この本を読むと、愛する我が子がおなかの中にいた時の、あのわくわく感やなんとも言えない幸せな気持ちが蘇ってきます。そしてその気持ちは私たち親の一方的なものではなく、子どもたちも同じように、ママとパパに会いたいと思って産まれてきてくれたのだと思うと、読みながらいつの間にか涙が溢れてくることも。

たまには読書でほっと一息

子育てをする中で壁にぶち当たるたびに、きっとママパパの弱った心を癒やして原点に立ち返らせてくれる、そんな素敵な本です。ちょっと子育てに疲れちゃったなと思ったら、ぜひ空いた時間で読んでみてください。

こうすべき、ああすべきと書かれた育児書を読むのもいいですが、頭ではなく心に栄養を補給してあげることも大切です。読み終わる頃にはきっと、愛する我が子をただぎゅっと抱きしめたくなっていますよ!

関連記事

  1. 妊娠 出産 悩み 不安 相談 群馬 無料 メール 電話

    妊娠・出産の不安はどうする?群馬の相談機関もご紹介

  2. 【臨床心理士】なぜ産後ウツが生じるの?

  3. 【ネットトラブル】Aki行政書士事務所インタビュー②今どきのネットトラブル2

  4. 【バレンタイン】子供と一緒に!簡単・早い・安いおすすめレシピ

  5. 【子供の病気】大変なのはママだけ?パパの協力が欠かせない

  6. パパに家事・育児をお願いするときのコツ!

  7. 群馬の働くママパパに!困ったときには、病児保育を利用してみよう

  8. トイレトレーニング 群馬 ママパパ

    これでいいの⁈我が家のトイレトレーニング成功・失敗体験!

  9. 図書館司書が教える【5歳児】におすすめの絵本をご紹介

  10. 子供と一緒に大掃除!親子で一緒に楽しくできる方法をご紹介

  11. 「パパニティブルー」とは?男性でもある産前・産後うつって一体?

  12. 購入するならマンション?一戸建て?メリット・デメリットをご紹介

  13. パパ 子育て 楽しみ 群馬

    パパから見た【子育てのコレが楽しい!】パパの子育て楽しみ体験談

  14. 【夫婦円満】夫婦が仲良くいるためにできること

  15. 冬 雪遊び 群馬 みなかみ おすすめ 子供 そり 子連れ ママ・パパ

    【みなかみ町・スノーシュー】雪の中を歩いてみよう

フォローお願いします!