【碓氷峠鉄道文化むら】家族で楽しもう

群馬 鉄道文化むら 家族 子連れ

群馬県安中市ある「碓氷峠鉄道文化むら」は、旧信越本線の跡地を利用してオープンしました。
鉄道のテーマパークとして、かつて日本中で活躍した様々な車両がオープンエアで展示されていたり、ミニ機関車の運転体験や園内を周遊するミニ蒸気機関車が引っ張る列車への乗車体験もできます。

鉄道好きなお子さんはもちろんですが、家族連れでも楽しめるこの施設をご紹介致します。

碓氷峠鉄道文化むらの基本情報

群馬 鉄道文化むら 家族 子連れ

公式HP

住所 〒379-0301 群馬県安中市松井田町横川407-16
電話 027-380-4163
公式HP https://www.usuitouge.com/bunkamura/
営業時間 ・3/1~10/31
開園9:00~閉園17:00
(入園は16:30まで)・11/1~2月末まで
開園9:00~閉園16:30
(入園は16:00まで)定休日:毎週火曜日(8月を除く)・12/29~1/4
(火曜日が祝日の場合は翌日休園)
入場料金 中学生以上 500円
小学生 300円
小学生未満 無料(保護者同伴)
アクセス JR信越本線横川駅すぐとなり

碓氷峠鉄道文化むらのおすすめスポット

群馬 鉄道文化むら 家族 子連れ

公式HP

シンボル広場

入場してすぐあるのがシンボル広場です。人乗りの手こぎトロッコなど、子供たちにうれしい遊具がたくさんあります。特急「あさま」号の車両が展示されていて、この車両は車内に入って見学することができます。また広場の展示館側にある売店では軽食や飲み物を販売しています。

園内周遊あぷとくん

イギリス生まれの蒸気機関車「グリーンブリーズ」とディーゼルエンジンを動力源とする、DL「あぷとくん」が運行しています。30分毎に運行していて、園内を回れます。

料金は、大人(中学生以上) 400円・こども(4才~小学生)200円・3歳以下は無料です。

トロッコ列車ライン

平成9年に廃止となった、かつての信越本線横川~軽井沢間の下り線を使用しトロッコ列車を運行しています。
碓氷峠鉄道文化むら駅⇔碓氷峠の森公園交流館「とうげのゆ」駅およそ2.6kmを結んでいます。

客車は前面に展望スペースのある窓ガラスのない(冬季はアクリル板つき)オープンタイプの客車と冷暖房完備の窓ガラスのある車両の2両編成です。どちらの車両も、50名乗る事ができます。

運行期間は3月~11月の土日祝日 (8月は毎日運行)です。詳しい時刻や運行情報はHPをご確認くださいね。とうげのゆ駅のすぐそばには峠の湯という日帰り温泉施設があり、温泉も楽しむことができます。また遊歩道も整備されていますので、片道トロッコ列車に乗って、帰りはお散歩しても良いですね。

まとめ

群馬 鉄道文化むら 家族 子連れ

公式HP

今回は碓氷峠鉄道文化むらをご紹介しました。軽井沢へお出掛けの行き帰りにも立ち寄れる場所です。日帰り温泉もすぐ近くにありますよ。

また横川と言えば『峠の釜めし』が有名です。文化むらのすぐそばに製造元のおぎのやが運営するドライブインがありますので購入できますので、ぜひ寄ってみてくださいね。

関連記事

  1. 忙しくても、ママだって綺麗でいたい!ママの時短美容テクをご紹介!

  2. 図書館司書が【親子で楽しめる漫画】をご紹介!

  3. 意外と知らない?公園で楽しく遊ぶための注意点・マナー

  4. 群馬 英語 子供

    子供の英語は自宅でもできる!家で楽しく英語学習のすすめ

  5. 目の前で子どもが犯罪者に!?「著作権」との向き合い方

  6. 我が家の成功体験~卒乳・おむつ外し~

  7. ぐんま天文台 群馬 お出掛け ママパパ

    【ぐんま天文台】日本で一番人気の天文台で星を観察

  8. [TOIRO育休インタビュー]全2回:野澤さんご夫婦①パパ編

  9. 「パパニティブルー」とは?男性でもある産前・産後うつって一体?

  10. 子供がパパを嫌い?理由や対処法をご紹介!

  11. 子供の着れなくなった服どうする?我が家のリサイクル方法をご紹介!

  12. プレパパ 妊娠 群馬 育児 イクメン

    目指せ!群馬育児男子【プレパパの心構え】

  13. 図書館司書が教える【5歳児】におすすめの絵本をご紹介

  14. マタニティーブルー 産後うつ 症状 サイン 群馬 ママ

    「産後うつ」のサインとは?兆候があったらすぐに相談しよう!

  15. 絵本 読み聞かせ 0歳 おすすめ 群馬

    0歳の読み聞かせに!おすすめの絵本をご紹介

フォローお願いします!